[Python] toxでbehaveを実行する

概要

振る舞い駆動開発 (BDD) のフレームワーク behave を tox で実行する設定をまとめました。

設定

[testenv:behave] セクションに behave を実行する環境の設定を書きます。
posargs には behave 実行時に -- の後に渡したコマンドライン引数が適用されます。

[behave] セクションに behave の設定を書きます。

[testenv:behave]
skip_install = true
deps =
    behave
commands = behave {posargs}

[behave]
# https://behave.readthedocs.io/en/stable/behave.html
lang = ja

動作確認

実行前に features ディレクトリ, steps ディレクトリ, featureファイルを作成しておきます。
以下のようなディレクトリ構造になります。

toxを実行してbehaveが成功していることが確認できました。

参考

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。